きまぐれ山行記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 安達太良連峰鉄山から中原集落山スキー山行

<<   作成日時 : 2013/03/25 21:30   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

3/17に箕輪の主の方に誘われて、鉄山から中原集落までの、山スキー山行に行って来た。 このコースは鉄山避難小屋から中原集落まて距離が約11キロくらいあるロングコースだ。 17日早朝に中原集落付近で待ち合わせると、箕輪の主の方とネットや他の山行で知っている方2名も来ていた。 挨拶をしたりしてから私の車をデポして主の方の車で箕輪スキー場に行き、ホテル側の方まで送迎バスで移動、後はB、Aリフトと乗り継ぎスキー場上部まで行った。 そこでシールを付けたりしながら準備をしたが、雪解けが一気に来たみたいで藪が出ていた。 なので雪をつないでの登りとなったが、途中で破き漕ぎをしながら進んだりと、迷い沢源頭までは苦労し、沢に出るところもすこしくだりながら進んだが、水が流れていたり思うルートが藪で進めななかったりで大変だった。 雪の積もっている場所までたどり着き箕輪山の方を見ると
画像
雪解けが゜一気に進んだみたいで、所々雪渓が切れていて登山道がわかる位だった。 そこから鉄山避難小屋まではタップリと雪があり順調に登ったが… 小屋の手前で雪が無くなり板を持って小屋まで行き、小屋の入り口も氷の塊があるだけで空くので取り除き、夏の入り口から中に入って休憩をした。 (鉄山避難小屋の様子)
画像
画像
その後はスキーのシールを外すなど下山の準備をし、別パーティと入れ替わりで我々は小屋を出て、雪の有る所で板を付け下山をした。 初めにプロペラ
画像
の所で記念撮影をし、後は初めは迷い沢のコートと同じルートを滑るが、途中でルートを左にとって進み、途中で少し登り返して尾根の上に出た。 主がここを滑るといったのでそこを下ったが、傾斜もいいブナの森
画像
だった。 尾根の下まで来るころに一本手前の尾根を下っていた事に気付き、そこからルート修正で登り返したが、距離が短いので板を外して持って登った。 そこからは左に胎内岩、右に障子ヶ岩が見え、
画像
噴火しなければ一つの山だったように見えた。 板を履いてもう一段登ると今度は西大巓から中吾妻等の吾妻がキレイに見え、
画像
後ろを振り返れば左に胎内岩、右に障子ヶ岩がキレイに見えた。 そこからアップダウンを繰り返しながら進むと、沼尻スキー場の音楽が聞こえ、ゴミの持ち帰りの標識
画像
があった。 夏道もないのになぜと思った。 またそこから川桁山塊
画像
も見れた。 そこからさらに進んでいくが、展望の良い所では後ろに左は胎内岩、右に障子ヶ岩
画像
前には吾妻連峰
画像
が見れた。 そして展望の良い所で休憩した所では磐梯山
画像
も見れた。 そこから先は木の込んでいる急斜面を下り、 その先の所では急斜面を避けて林道を下ったりし、中原集落の上部の林道に出て、雪が無いので歩いて集落まで行き、デポした箕輪スキー場まで戻り、皆に別れてて自宅に戻った。 迷い沢源頭までは雪が無くて苦労したり、 下りも雪質が良くなく滑り難かったりしたが、楽しい山行が出来た。  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした。
いつもニアミスばかりでしたが、ようやく山でご一緒することができました。
雪はイマイチでしたが、随所にある展望地からの景色は最高でした。
みどぽん
2013/03/26 22:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
安達太良連峰鉄山から中原集落山スキー山行 きまぐれ山行記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる