西吾妻山山スキー山行 №2

2/11に私と仲間とその所属する山岳会の方1名の計3名で西吾妻山に山スキーに行った。 私は違う山に別の方と違う山に行く予定だったが、体調不良のドタキャンになってしまい、混ぜてもらっての山行だった。 コースは前回の山行と同じで、グランデコスキー場~西大巓~西吾妻山~二十日平~スキー場のコースです。何時も通りに第4クワットリフトに乗り最上部まで来ると、そこでシールを付けて出発したが、山スキーやスノーシューのトレスが出来ていて、それを利用して快適に登った。 ただ全体にコースがいつも登っている地点より左よりの急な所を登って行った。 それでもトレスを利用しようと言われたのでそのまま登って行った。 標高も1800㍍を超えるとモンスターで出てくるのだが、いったん溶けて再び現れた感じのモンスターだった。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
そして山頂手前のピークを左に巻いて上部に行くと、そこのモンスター
画像
だった。 ただ天気はあまりよくなく風もやや強かった。 そして西大巓山頂とモンスター
画像
画像
をみて直ぐに西吾妻山に向かい、私はシールを付けたまま、仲間達はシールを外して鞍部まで滑った。 そして鞍部でシールを仲間たちが再びつけて西吾妻に向かって進むと一瞬の晴れ間で、西吾妻山
画像
モンスターとダイヤモンドダスト
画像
西大巓
画像
が見え、後はモンスター
画像
画像
画像
画像
を見ながら進み、そして再び西大巓
画像
が見えた。 そして西吾妻小屋
画像
に着いた。 天気も良くなく風もあるので中で大休憩し、そして西吾妻山山頂に向かったが、あまり天気が良くなく周りの風景は見れなかった。 山頂のモンスター
画像
画像
画像
を見ながら東側に行くと中吾妻山
画像
が一瞬だが見えた。 後はシールを外し1350㍍付近まで方向を確かめながら進んだが、上はガリガリ君で滑りにくく、真中は重い雪だった。 また1600㍍付近から1500㍍付近までは平らで滑らないので、トレスを使って進んだ。 そして1500㍍付近から1350㍍付近までは、自分の滑りたい斜面を、重い雪に苦労しながら進み、そして小休憩をした。 その周辺はブナがあり感じの良い所だ。
画像
画像
後は一気にスキー場まで下ったが、雪質は良く快適に滑れた。 また、平らになった所でトレスを利用して進み、そして沢をこえて何時もの様にスキー場に戻った。 天気が予報より良くなかったが、楽しい山行をしてきた。 また、大勢の登山者で山は賑わっていた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック