きまぐれ山行記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014.3.23鉄山から迷い沢 新ルート山スキー山行

<<   作成日時 : 2014/03/30 08:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3/23に箕輪の主の方煙突おじさんと2人と迷い沢に山スキー行った。 今回は下山で何時もとは違う新ルートで行くという。 早朝に下山口で待ち合わせて箕輪スキー場に行くが、予報通り天気は良くなくて、風がやや強く小雪も待っていた。 後は準備をしてホテル側に移動し、BリフトからAリフトと乗り継ぐのだが、アナウンスもなくAリフトに行ったら準備中だと言われた。 時間がかかるというので下に下ったが、リフト係員に抗議したら、仕切り直しの時にタダで乗せてもらった。(当たり前だ)Aリフトの係員は怠慢過ぎて、一度も時間通りにリフト開始時間に運行できていない。 ひどいものである。 スキー場の上部に移動してスタートしたが、吹雪で視界もなくそれでも行くというので、煙突おじさんのGPSを頼りに登った。 時々見える周辺の様子等で位置を確認もするが、仏沢に行く目印の標識
画像
を見つけたが、後は鉄山避難小屋までは何も見えずにGPSと方向だけで登って行ったが、多少は迷走しながら登って行った。 でも小屋近くで夏道の脇にある杭を見つけ無事に小屋に着いた。小屋に着く直前から3人パーティーに会い、大休憩が終わった後も一緒のルートを下るというので、その後は5人での下山となった。 小屋を出ても視界がなくプロペラ
画像
を通過して迷い沢源頭を1500b付近まで下ると、風は多少は強いが辺りの風景が見え、磐梯山は見えないが裏磐梯などの方は見えてきた。そこからはルートを中原集落に向かうルートで1100b地点くらいまで下るのだが、登り等で視界がなく頑張った神様のプレゼントで、
画像
画像
画像
画像
画像
を見ながら楽しく滑れた。 そこからは右手の沢に下り、反対側の尾根を水平移動する感じで進むと、何時もの迷い沢のコース上に出た。 そこからは吾妻連峰
画像
箕輪山
画像
が見れ、後は急斜面を下りきり橋を渡ると氷柱
画像
画像
を見てから車の所まで行き、そしてデポした車で箕輪スキー場まで行き、挨拶をしてから郡山に戻った。 天気は登りは最悪の天気だったが、下山途中からよくなり雪質もこの時期にしては良く楽しい山行ができたて。 また、このルートはブナの森の中を通り、何時もの迷いコースより滑りは物足りたいかもしれないが、私はこのコースの方がいい感じがする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014.3.23鉄山から迷い沢 新ルート山スキー山行 きまぐれ山行記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる